2015年09月04日

久しぶりの日光

手軽に来れる日光です。(戦場ヶ原)
005.JPG

(東照宮)
016.JPG

日光とは日時が違いますが、30年ぶりに大型バイクに乗ってみました。
7月にCB1100を注文したのですが、納車が9月中旬とのことなので、少し慣らしておこうと大型バイク(ヤマハMT-09)をレンタルして走ってきました。
033.JPG

横から見るとこんな感じ。けっこうシートが高く、短足の私には大変でした。
034.JPG


posted by T.鈴木 at 16:34| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

東京通勤圏で地震や水害に強い住宅地

 鬼怒川の氾濫で茨城県常総市は甚大な被害を受けました。本日(12日)になってもその被害は未だ拡大を続けています。
そんな状況下で、今度は東京湾を震源として震度5弱を観測する強い地震が起きました。

 このように自然災害が多いこの日本で、私たちが安心して暮らせる場所はどこにあるのでしょう。
地盤が良く河川から遠いからと言って山岳部に行っても、局地的な豪雨があればがけ崩れが心配されます。
国土の約70%が森林である日本では、むしろ貴重な平野部で地盤の強くそして水害の確率が低い住宅地を選ぶことが重要です。

 住宅地の選び方には、良く「昔の地形や地目が大事」などと言われます。しかし、通勤とは関係なくどこまでも田舎に行けば十分可能ですが、東京に職場がある方々が、その通勤圏で安全な場所を見つけることは、お金に糸目をつけずに探すのであれば可能かもしれませんが、至難の業です。

 そのような中、東京駅まで1時間以内の通勤圏で3.11の東日本大震災でも被害がなく、しかも、今回のような100年に一度といわれる豪雨でも水害に遭わなかった住宅地が、茨城県取手市にある「プレストンガーデン桜が丘」です。

 北米住宅を中心にした住宅が立ち並び街並みがとてもきれいな「プレストンガーデン桜が丘」は、開発面積16,000uを100坪区割りにして贅沢な38区画だけをつくりました。しかも、土地価格は坪当たり11.6万円〜14万円です。40坪の輸入住宅を合わせても3,300万円から購入可能です。(建築条件無しの区画もございます。)

 当社では、住宅地としての地盤の強さを証明するために、造成完了後に1区画ごとに地盤支持力調査を行いました。その結果、すべての区画で基礎杭を要さず、べた基礎にて施工できる堅固な住宅地であることを証明し、さらに、「べた基礎施工」について5,000万円までの地盤保証を付けて土地の販売を行っております。

075.JPG
 世界基準分譲地「プレストンガーデン桜が丘」
           http://blog.seesaa.jp/cms/article/regist/input

 おかげさまで、3,11以降順調な販売が進み、残る区画は5区画となりました。
地震や水害等の自然災害を心配される皆様で、都内まで1時間以内の通勤圏に一戸建てを持ちたいと思われる皆様は、ぜひ一度「プレストンガーデン桜が丘」においでになり、その完成されつつある街並みをご確認ください。

 ※ ちなみに、「プレストンガーデン桜が丘」は、現在放映中のスズキスペーシアのTVCMのロケ地になっています。


   また、これから放映される洗剤の最新CMのロケ地にもなっています。


 いばらき不動産 鈴木
              http://www.if-sun.co.jp/






posted by T.鈴木 at 11:10| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする