2019年01月12日

家康江戸を建てる

 「家康江戸を建てる」は、歴史作家の門井慶喜氏が平成28年に発表した歴史小説で、正月のNHKの番組で二日続けて放送されました。
北条攻めの功労者家康に対して、天下人秀吉が命じた領地替えで、小田原、鎌倉、そして江戸への選択を迫られた家康が、見渡すかぎりの湿地帯だった江戸を国替え先に選んだ真相、100年、200年先を見越して大規模治水、利水工事を手掛けた家康の判断力、そして、それに答える家臣やその技術者。
 日本の首都大東京の礎を作った江戸の街づくりを描いた大作でした。三年ほど前に、駿府城跡地で家康公没後400年祭が行われた頃、駿府城公園を探索し、家康関連の歴史小説を読み漁っていた私は、この門井氏の小説を購入し読みました。 
004.JPG
駿府城公園
015.JPG
009.JPG
017.JPG
いばらき不動産 http://www.if-sun.co.jp/


posted by T.鈴木 at 17:34| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする