2019年10月13日

災害に強い住宅地を選ぶ!

 昨日、数十年に一度という大型台風が関東を直撃しました。
地下洪水調整池などを完備した大都市東京(しかも高級住宅地といわれる世田谷でも)でも、河川や雨水管等の氾濫によって、大規模な浸水被害が起こったようです。今回の台風がまれにみる大型台風で、加えて、首都圏直撃という進路であったとはいえ、浸水被害に遭遇する可能性がある住宅地が、高級住宅地と言えるのでしょうか?

 各自治体が備えるハザードマップには、想定される浸水被害も記載されています。既に河川改修等が進み、必ずしもそのような結果にならない地域もありますが、状況によっては、このような自然災害に遭うことも心しなければなりません。

 今回の台風被害は、昭和33年の狩野川台風以来の大型台風と言われています。すでに狩野川台風から60年以上が経過しているので、仮に住宅の住宅寿命が50年だとしたら、運が良ければ、新築から取り壊しまでに今回のような台風に遭わないで済むかも知れません。が、地球温暖化による気候変動により、災害も大規模化してきている状況下では、このような災害に遭う可能性は非常に高くなっていると言わざるを得ません。

 生活利便性、教育環境、地域ブランド等、住宅地を選ぶ際のポイントはいくつもありますが、自然災害に強い(遭わない)地区という事も大事な選択肢のひとつだと言えますね。

 人気の中高一貫校隣接、災害に強い分譲地 「ライフインつくば並木」 

posted by T.鈴木 at 09:58| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八ツ場ダムに感謝!

 今回の大型台風19号が、群馬栃木方面に大変な量の豪雨をもたらしたのに、予想されたほどの被害にならなかったのは、八ツ場ダムの働きが大きかったようです。

 八ツ場ダムは、未だ完成前の試験湛水中にもかかわらず、今回の豪雨を飲み込み、利根川の水量を大幅に調節したようです。これが無かったら、60年前の狩野川台風の時と同じ規模の災害が起こっていたかも知れません。

 「コンクリートから人」へという当時の政権党によって、一時中断された八ツ場ダム工事でしたが、今回、ギリギリのところで役に立ち、大災害から首都圏を守ることができました。こういった大事業を推進する方々に感謝しかありません。

いばらき不動産 鈴木



posted by T.鈴木 at 16:47| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする