2013年11月22日

中小企業はこうして生き残れ!

 経済ジャーナリスト、財部誠一氏の講演会に行きました。
IMG_1483.jpg

 先日、中小企業はこうして生き残れと題して氏の講演会が水戸プラザホテルで開催されました。

 要約すると、以下のような講演でした。
 世界経済が複雑に連動して動くグローバル社会で、国内の中小企業はどう生き残るか。
アベノミクス三本の矢は、既に出し切ったも同然。しかし、中小企業にとっては実はビッグチャンス。これまでの業界の仕組みがどんどん崩れてきている。
 たとえば、昭和の時代はレコード会社が仕切っていた音楽業界は、今はローソンが取りに行って(仕切りに入った)いる。アイリスオーヤマがヤマダ電機と組んでLED電球を仕切っている。これまで不動産業だった大手百貨店は、製造小売業に転換し始めている。
 これからの商売は、川上から川下まで全て自社で行うか、関係各社を巻き込んでイノベーションを図ることで勝ち抜ける。また、海外進出を考えている企業は、単に海外進出ではなく、どうしたら海外のマーケットで自社製品、能力をお金に変えられるかを考えよ。

 やはり、人気の経済評論家は、講演会を聞きに来た人にやる気を起こさせるのが上手い。私もワクワクしながら会場を出てきました。
posted by T.鈴木 at 17:14| Comment(0) | 研修・講演など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: