2014年05月29日

プレストンガーデンみどりの丘

 私は、「街並み提案型分譲地事業」を展開している不動産会社の代表をしている者です。
 住宅地は、安心して住むことができることが絶対条件です。特に2011年の東日本大震災以来、地盤の強さや津波被害にあわないなどの立地の大切さが重要視されています。
 もちろんこれまでのように、小中学校等の義務教育施設や商業施設などの生活利便施設へのアクセスも大切なポイントですが、併せて、安心安全な住宅地が求められています。

 下の画像は、ひたちなか市西十三奉行地区に開発中の「プレストンガーデンみどりの丘」の造成現場の写真です。
良質な地盤の高台にあり、もちろん、津波などにも無縁です。また、義務教育施設も徒歩圏で、安心安全な生活が約束されます。

優良な土質なので、良い造成盤ができています。
ひたちなか工事現場 009.JPG

現地は緩やかな南東傾斜でしたので、南東に向いた理想的なひな壇の分譲地になります。
ひたちなか工事現場 010.JPG

ひたちなか工事現場 011.JPG

すでに周りでは、昨年分譲された区画での建築ラッシュになっています。
ひたちなか工事現場 013.JPG

がっちりとしたコンクリート擁壁がこの分譲地の特徴です。
予定より順調に工事が進んでいますので、7月末には完成するようです。
ひたちなか工事現場 015.JPG

「プレストンガーデンみどりの丘」は、54区画の分譲地ですが、すでに16区画のご契約を頂いております。
また、さらにご予約を頂いている区画もございますので、
詳しくは「いばらき不動産」0296−78−5545までお問い合わせください。


プレストンガーデンみどりの丘


posted by T.鈴木 at 10:12| Comment(0) | 分譲開発・住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: