2014年12月07日

経営講演会

 12月5日に水戸プラザホテルにて国際エコノミスト今井澂(きよし)の講演会がありました。
演題は、「新年の日本経済〜進展するアベノミクスとシェールガス革命」
004.JPG

講演内容は、
@なぜ解散? A円安と原油安の日本経済への寄与 B世界経済の見通しと米国の政治の混迷 Cベンガジゲート事件とヒラリークリントンとオバマ大統領 D中国、中東、EU、新興国特にブラジル E為替の見通しと2015年6月 F米シェール革命とドル高とデトロイトの干渉 G日本株式市場の見通し

結論的には、日本経済は円安と原油安の恩恵を受け、引き続き経済成長を続ける。日経平均は2015年前半で2万円を突破する。為替相場は、円安が進行し2015年1ドル130円程度で落ち着く。

シェールガス革命により、燃料費が下がることで、バイオエタノールが割高となり、農地の作付けはトウモロコシから小麦へと変わる→小麦相場が下落する。

2020年以降、日本は「海底熱水鉱床」開発が進み資源大国に変貌。海洋土木工学等の学生育成が急務。
以上のような内容でした。

 今井氏は、御年79歳のご高齢ですが、記憶した数値データを資料もなしに駆使する様は圧巻でした。


いばらき不動産 世界基準分譲地
                         



posted by T.鈴木 at 11:18| Comment(0) | 研修・講演など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: