2017年03月17日

STAP細胞を自宅で作る。

 小保方氏が、STAP細胞をつくるために刺激を与えた酸性の培養液というのは、玄米乳酸菌だったようです。
この玄米乳酸菌の作り方がネットに出ていたので、さっそく試してみました。

不老長寿ドリンク(玄米乳酸菌)のつくりかた。

材 料   無農薬玄米1合
       天然水 1.5L
       天然荒塩15g
       黒砂糖  45g
 1. 水0.5Lに玄米1合を入れ、1日ひなたに置く。
 2. 1.に塩15gと水1Lを入れ、1日ひなたに置く。
 3. 2.に黒砂糖45gを入れ、3日〜5日間ひなたに置く。

 下の写真は、2.の状態(天然水1.5Lに玄米1合、荒塩15gが入ったものをひなたに置いた状態)です。この後、黒砂糖を入れて3日〜5日発酵させます。
IMG_3685.JPG

社員のだれもが飲みたいと言わないので、出来上がったら自分で試して若返ってみます(笑)

いばらき不動産 http://www.if-sun.co.jp/

posted by T.鈴木 at 14:16| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: