2010年08月09日

イギリスの住宅事情3

実は私の友人が参加したのは、作家の井形慶子氏の主催するイギリスツアーだったのです。
文化や歴史を重んじるイギリス人が、どんな家を好み、実際住んでいるのかを確認するために行ったものです。
IMG_3260.JPG

これから少しスパイスの効いた井形語録を紹介します。

IMG_3131.JPG

暗示にかけられたように「家の寿命」を心配する日本人。果たして家は使い捨てなのか。

IMG_3121.JPG

「自分さえ良ければいい」日本人は家をたてるときも周辺との調和を無視

IMG_3210.JPG

場当たり主義の日本の街づくり。あまりにも目先のことにとらわれている。

IMG_3212.JPG


IMG_3223.JPG

イギリス人は家と関わる喜びと楽しみを知っている。

IMG_3284.JPG

日本人が憧れる「生活感の無い空間」とは人の愛着を拒否する家ではないか。

IMG_3296.JPG

いたってシンプルなイギリスのキッチン。
調理器具から食器まで山のようにあふれる日本の台所。

IMG_3412.JPG

イギリス人は自分の家がある街並みにこだわる。
IMG_3453.JPG

家を持つ事でストレスをため込む日本人。住まいのヴァージョンアップを楽しむイギリス人。

IMG_3625.JPG


IMG_3649.JPG

家に安らぎと休息を求めるイギリス人。光量を調節して特別な空間を楽しむ。

IMG_3666.JPG

長い年月をかけて気に入った家具を買い揃えるイギリス人。
「安いから」「お金があるから」と衝動買いする日本人。
使い続けた家具がやがてアンティークに変わる。
だからイギリスではアンティークは各家庭に普通にある。

IMG_4258.JPG

南向きにこだわり続ける日本人。家を生活の大切な舞台として使いこなしているイギリス人。
IMG_4264.JPG

無国籍でちぐはぐな日本の洋風住宅。欧米人には理解できない建物だ。

IMG_3752.JPG

何を買っても満たされない日本の若い人たち。
彼らの育った家は心に満足を与えなかったのか。

IMG_3782.JPG


IMG_3787.JPG

廃屋同然の安い家を買い、手間をかけて改装するイギリスの若い人たち。

IMG_3804.JPG

イギリスの玄関ドアは内側に開き、日本は外側に開く。
この意味を考えると面白いことに気づく。

IMG_3915.JPG


IMG_4143.JPG

近隣の人間関係には用心深いのに、自分の敷地外のことには無関心な日本人。

IMG_4259.JPG

イギリス人は家を買うとき、利便性よりその家の個性や歴史を重視する。

世界基準分譲地 
http://www.if-sun.co.jp/proposal/preston-sakuragaoka/sakuragaoka.html
posted by T.鈴木 at 12:46| Comment(0) | イギリスの住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

イギリスの住宅事情2

 引き続きイギリスの住宅事情です。新しい物好きの日本人とは対照的なイギリス人です。
IMG_4276.JPG

伝統的なもの、歴史あるもの、古きよき時代につくられたもの(家は1850年ごろのもの)が人気のようです。
たくさんの植民地を持ち、7つの海を制していた時代の建築物は、
天井が高く豪華なものが多いようです。良くB&Bとして利用されています。
IMG_2855.JPG

IMG_2866.JPG


IMG_2873.JPG

IMG_2883.JPG

IMG_2885.JPG

IMG_2886.JPG

IMG_2887.JPG

IMG_2890.JPG

IMG_2895.JPG

IMG_2897.JPG

IMG_2902.JPG

IMG_2932.JPG

 作家の井形慶子氏が、古くて豊かなイギリスの家、便利で貧しい日本の家とはよく言ったものです。

IMG_2939.JPG


IMG_2940.JPG


IMG_2945.JPG

IMG_2946.JPG


IMG_2948.JPG


IMG_2961.JPG


IMG_4197.JPG


IMG_4258.JPG


IMG_4264.JPG


IMG_4265.JPG


IMG_4266.JPG



IMG_4269.JPG


IMG_4281.JPG


IMG_4282.JPG


IMG_4416.JPG


IMG_4266.JPG


IMG_4268.JPG


 日本の家はこのままでよいのか・・・。
 なぜ、イギリスのように、永遠に美しい街並みは日本ではつくれないのでしょう?

 「自分さえ良ければいい」
 日本の家づくりにギモンをもってください。
 自分のことばかり考えていたら真の意味で先進国の仲間入りは出来ません。


いばらき不動産 鈴木 http://www.if-sun.co.jp/ 

ただいま街並み重視の建築プラン作成中です。もう少しお待ち下さい。 

世界基準分譲地
http://www.if-sun.co.jp/proposal/preston-sakuragaoka/sakuragaoka.html
 
posted by T.鈴木 at 17:21| Comment(0) | イギリスの住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスの住宅事情

 
私の友人たちがイギリスの住宅調査に行ってきました。(私も行く予定でしたが、思わぬアクシデントで不参加でした・・・残念。)
代わりに写真をたくさん撮ってきてもらったので「イギリスの住宅事情」を報告します。

IMG_2642.JPG

    
IMG_2646.JPG


IMG_2651.JPG


IMG_2671.JPG


IMG_2682.JPG


IMG_2854.JPG

イギリスの住宅寿命が長いこと、そして、永く住む理由がわかりますか?


IMG_2860.JPG


IMG_2865.JPG

イギリスでは、家が土地に建っているではなく、家が土地に生えていると表現します。

IMG_4290.JPG


IMG_4274.JPG

いかがですか・・・?
ヨーロッパってどこへ行っても、カメラを向けたところすべてが絵になるんですね。
画像が山ほどあるので少しずつUPします。

いばらき不動産 鈴木http://www.if-sun.co.jp/
posted by T.鈴木 at 16:02| Comment(0) | イギリスの住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする