2019年10月13日

災害に強い住宅地を選ぶ!

 昨日、数十年に一度という大型台風が関東を直撃しました。
地下洪水調整池などを完備した大都市東京(しかも高級住宅地といわれる世田谷でも)でも、河川や雨水管等の氾濫によって、大規模な浸水被害が起こったようです。今回の台風がまれにみる大型台風で、加えて、首都圏直撃という進路であったとはいえ、浸水被害に遭遇する可能性がある住宅地が、高級住宅地と言えるのでしょうか?

 各自治体が備えるハザードマップには、想定される浸水被害も記載されています。既に河川改修等が進み、必ずしもそのような結果にならない地域もありますが、状況によっては、このような自然災害に遭うことも心しなければなりません。

 今回の台風被害は、昭和33年の狩野川台風以来の大型台風と言われています。すでに狩野川台風から60年以上が経過しているので、仮に住宅の住宅寿命が50年だとしたら、運が良ければ、新築から取り壊しまでに今回のような台風に遭わないで済むかも知れません。が、地球温暖化による気候変動により、災害も大規模化してきている状況下では、このような災害に遭う可能性は非常に高くなっていると言わざるを得ません。

 生活利便性、教育環境、地域ブランド等、住宅地を選ぶ際のポイントはいくつもありますが、自然災害に強い(遭わない)地区という事も大事な選択肢のひとつだと言えますね。

 人気の中高一貫校隣接、災害に強い分譲地 「ライフインつくば並木」 

posted by T.鈴木 at 09:58| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

分譲地脇の大木を伐採しています。

 笠間市東平地内(友部駅から県立中央病院に向かう通りの途中)で、10区画の宅地開発分譲を行うため、開発区域に越境しているヒマラヤスギを、地権者の承諾を得て伐採するところです。成長の速いヒマラヤスギは、平地に植えると40年ぐらいで高さ30m以上に成長してしまいます。 
089.JPG
手に負えない大きさに成長したヒマラヤスギに地主さんも困っていました。
やはり、このような樹種は標高の高い山林に存在するものですね。
126.JPG
伐採は、大型のクレーンで吊り上げながら、高所作業車に乗った作業員が少しづつ何回にも分けて切り下げていく方法で行います。
さらに、伐採した木の処分も必要ですので、大変な費用がかかる事になります。
街なかでは樹種を選んで植栽しないと後々大変な事になりますので気をつけてください!

いばらき不動産 https://www.if-sun.co.jp/
posted by T.鈴木 at 14:00| Comment(0) | 分譲開発・住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする