2017年03月01日

腐らない水 船の生命線

 「腐らない水 船の生命線 山梨から、赤道を渡る航路へ」
これは、昨日(2017年2月28日)の朝日新聞の記事です。
南極観測船のように、赤道を通過する航路を運航する船舶には、水質が良くて腐らない長期間保存できる水が必要です。
横浜港では、この良質な水を山梨県道志村から取水しています。

 世界中を行きかう人や物を支える運搬船の運航に必要な良質な水の取水は、限られた地域の水源だけになっています。
また、一般家庭の飲料水としても、良質な水の確保が年々難しくなっているのが現状です。
高温多湿で淡水の豊富な日本では、優良な飲料水の確保が容易ですが、諸外国では、安全な飲料水は大変貴重なものとなっています。

 富士山周辺、特に山梨県道志村は、昔から不純物の少ない貴重な湧水が出ていたところです。
南極観測隊(気象庁に勤務する私の同級生も参加しました。)は、約2年間のあいだ気象等の観測のため南極に滞在します。その物資運搬船は、日本から大量の物資を積み込んで南極に向かうわけですが、その途中、赤道を通過して進みます。運搬船には大量の飲料水も積み込まれていますが、それが、鮮度を保ったまま2年間使用されるわけです。それは、当然素晴らしい水質を持った水でなければなりません。道志村の水は、1956年からその役割を担い続けています。

 当社では、その山梨県道志村と隣接する山中湖村で、貴重な地下水の井戸を確保しています。道志村側と峰を隔てた当社の井戸は、富士山の溶岩や噴出物が堆積した土質に、道志村と同じ不純物の無い地下水が浸透してできた貴重な水質です。
 この井戸水は、富士山と道志村の良いとこどりをした成分で、カルシウム、マグネシウム等のミネラルバランスが良く、炭酸水素イオン、ケイ素、バナジウム等の希少な成分も有しています。
003.JPG

本物のミネラルウォーターは、人類の健全発展に欠かせない健康の原点です。

これからも、より良い住宅環境の推進と、安心安全、そして健康を追求していきたいと思います。

いばらき不動産 http://www.if-sun.co.jp/






posted by T.鈴木 at 14:54| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

自然素材の家

 笠間市役所近くで「イエローチェアハウス」の自然素材の家完成見学会やってました。
地場の無垢材をふんだんに使い、漆喰の塗り壁で仕上げた自然素材住宅です。
IMG_3625.JPG

IMG_3626.JPG

IMG_3627.JPG

IMG_3628.JPG

IMG_3629.JPG

IMG_3630.JPG

IMG_3635.JPG

IMG_3640.JPG


posted by T.鈴木 at 11:24| Comment(0) | 分譲開発・住宅事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする